前へ
次へ

リアル店舗から通販業界へ転換

通販需要増となり、リアル店舗から撤退して通販向けにシフトチェンジする経営者も増えています。
こうした経営者の魅力になるのは、投資費用でしょう。
リアル店舗ならば賃料も発生したり、人件費などの出店コストも大きくなります。
ですが通販ならば、商圏が限定されているよりも、幅が広いことも魅力です。
海外からの消費者をキャッチすることも容易くなりますし、何よりも24時間販売ができることが特徴的です。
営業時間などが気にならないからこそ、消費者も自由にネットサーフィンによりお気に入りショップやサイトを見つけて、ネット上で豊富な商品のラインナップから欲しいもの、気になっていたものなどを手軽に、気軽に買い物かごにクリックできます。
運営側もおすすめ、一押し、主力商品などを接客することなく「どうぞご覧ください」と言わんばかりに消費者に見せることができるのはウリでしょう。
今やネット通販は売上高という話題をかっさらっていますが、しかし、それも根本的には魅せ方次第です。

Page Top